食の安全とは


私は1965年(昭和40年)に生まれたので
食品添加物などは無法状態の時代に成長していました。

その影響と体質のせいか
幼い頃からかなり虚弱体質で
アトピーにはじまり、小学校の高学年からは喘息に苦しんでいました。

そんな体質だったので
食品添加物が健康に悪影響を及ぼすとゆう事実を知った時は
腹も立ちましたが
ちゃんとした食品をとる事で健康になれる希望を抱きました。


そんなわけで26歳くらいから有害な疑惑がある食品添加物を使っていない食品や
野菜も有機野菜などを食べるように。


食生活はとても健康面に直結するらしく
そうした食品で食事を意識するようになってから
かなり健康的になりました。

30歳の時点では喘息はまだかなり酷かったですが
諦めずに安全な食品を食べる事を継続したところ
35歳の頃には喘息の症状はなくなっており
今現在もまったく症状は出ません。


病院ではこうゆう、アトピーや喘息などの慢性疾患を根治する事ができないので
日々のちょっとずつの積み重ねで健康になっていくんだなと思いました。


先日もニュースでポテトチップスの食品添加物に
発がん性が見つかったとゆう報道がありました。

私はそんなにポテチって食べないので
個人的にはそんなにショックではありませんが
子どもはけっこう自分で買ってきては1人で1袋を
ペロッと食べているので
ちょっと心配にならなくもありません。

でもこのニュースの話をしたら
「もうポテチ、食べない」
って言ってました。

親としては一安心です。


虚弱体質な人は、こうゆうジャンクフードは
できるだけ避けた方が
健康的にオススメです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。