玄米保存方法


玄米の保存方法って私はけっこう誤解していました。

前回、購入したお米にお米の保存方法が書いてあるプリントが入ってまして
それによると玄米も夏場は消費期限が短いんだそうです。

私は玄米だったらずっと保管できると思ってたので
けっこう驚きでした。

気温が15度以下なら玄米だと品質が劣化することはほとんどないそうなので
室温が高くなり始めたら冷蔵庫での保管がオススメです、とありました。

夏場の保存方法をプリントから転載いたします。

以下転載


夏場は玄米、精米共に品質劣化が早く虫も発生しやすいため
風通しが良い涼しい場所で保管してください。

冷蔵庫の野菜室で保存していただければ虫が湧いてしまうこともございませんし
気温の高い夏場でも劣化を抑える事ができます。

また、米びつをご使用の方は夏場の間は米びつには入れずに
袋のまま保管していただく事をお勧めいたします。

米びつを使用する場合には、一度米びつを空の状態にして
きれいにお掃除してからお米を入れ替えるようにしてください。

※野菜室ではお米が乾燥しないようにペットボトルやスーパーの袋など
 穴の開いていない袋に入れ替え、しっかり口を絞って保存してください。


転載 ここまで


とゆうわけで、我が家は毎回、3合ずつ炊いているので
(多めに炊いて冷凍保存してます)
買った玄米を小さいビニール袋に3合づつ入れて野菜室に保管しました。

やる前は面倒かなと思いましたが意外と面倒じゃなかったです。
研ぐ時に一袋づつ出せばOKなんでむしろ楽かも。


以上が夏場の玄米保存方法です。
最後までお読みいただきましてありがとうございます。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。